季美の住まい

新築実例集 / 踊りの稽古場のある舞踊家の住まい

お施主様は日本舞踊の先生で、ご希望は稽古場付きの住宅でした。お母様も97歳のご高齢でしたが、毎日、新聞を隅から隅まで読まれるとのことでした。
敷地を挟む東と西の道路は、平行ではなく10度の傾きがありました。そればかりか、敷地内には1mの高低差もあったため、一部基礎を高くすることで高低差をクリアする必要がありました。
数寄屋のデザインのこの住まいは、和室の材料に、樹齢500年~750年の米杉を採用しています。


ページの先頭へ戻る