季美の住まい

価格

知らないと損をする価格の話

自由設計や建築家と建てる家と言えば、
なんだか費用がかさむイメージがありませんか?

確かに自由設計の場合、
規格型住宅の様に大量に同じ製品を仕入れる訳ではないので、
その分費用がかさんでしまいます。

また、通常、建築家に設計を頼むと
工事費の他に設計監理料がかかってきます。

季美の住まいでは設計と施工をすべて自社で行う、
自社設計自社施工となっています。

その為、設計料は、設計と監理料を合わせ35万円となっており、
高額な設計費用は掛かりません。
(長期優良住宅の申請、BELSの申請等、
審査機関への申請料は別途必要になります)

更に建築技術や素材知識が豊富な建築家が、
設計段階から打ち合わせをするので、
建築寸法や空間の作り方による
材料の節約設計も助言できます。

その結果、お客様の希望を叶えながらも、
予算に収まるように歩み寄り、
結果的に無駄を省いた割安な建物を
建築する事も可能です。

また、ひとつひとつ土地に対して
最適なプランをご提案する事が出来ますので、
変形地形や土地の段差など、
土地のハンディキャップを気にする事が少なく、
割安な土地で建設する事も可能です。

もちろん家を建てる時、
建物の本体価格だけでは建物は建ちません。
本体価格に消費税は含まれているのか?
建物の外部配管は含まれているのか?
など、建設会社によりバラバラです。

中には、非常に安い坪単価を公表していても、
実際にはオプション工事の有無や
本体工事以外の費用がかさみ、
予想外の予算が必要になる事もあります。

その為、
家の費用を比べる時は坪単価の高い低いではなく、
総額でいくら掛かるのか?
を比べる必要があります。

季美の住まいでは
予算さえ掛ければ良い建物が出来るとは考えていません。
しかし、1円でも安く建てれば良いと言う考えも、
正しいとは思いません。

なぜなら、家は建てる事よりも、
建てた後、何十年とその家で家族が暮らし、
幸せになる事の方が遥かに重要だからです。

自分達の家には何が本当に必要なのか?
何が必要ないのか?
何にお金をかけて何をセーブすれば良いのか?
自分達が本当に満足できる家づくりを知りたい方は、
是非、『はじめての家づくり塾』にご参加下さい。

家づくり塾


ページの先頭へ戻る