季美の住まい

断熱

快適な生活を支える断熱の話

 


 
夏涼しく冬暖かい家。
最近の建物では定番の売り文句です。

住宅の断熱性能を数値的に上げるのは意外と簡単です。
断熱材の厚みを厚くし、
窓やドアなどの開口部を小さくすれば、
住宅の断熱性能は比較的簡単に上がります。

しかし、このような建物が
本当に快適な住環境を生み出すのでしょうか?

季美の住まいでは
家の窓から見える景色も住宅の一部だと考えています。

開口部を必要以上に小さくするのではなく、
建物の周辺環境と開口部からの通風、
窓からの採光などを取り入れた
パッシブデザインを大事にしています。

その上でお客様の生活スタイルに合った
断熱性能をご提案差し上げています。

現在、様々な断熱材が市場には出回っています。

しかし残念ながらこの断熱材を使用していれば
すべてOKだと言えるような断熱材は登場していません。

間違っても高価な製品だから、
高性能な断熱材だからすべてOKだと言う事は言えません。

大切なのは、断熱材の施工精度と、
どうしてその断熱材を使用しているのか?
なぜその工法を採用しているのか?という問いに対して、
明確な答えが存在することです。

より詳しい建物の断熱について知りたい方は、
是非、弊社で開催しております
『家づくり勉強会 構造・断熱セミナー』
にご参加下さい。

断熱構造勉強会


ページの先頭へ戻る