季美の住まい

N様邸 新築工事

2020.05.19 (火)

kibi1177
N様邸 新築工事

先月、上棟を行わさせていただいたN様邸ですが、工事は順調に進み、現在外壁工事を行っています。

こちらの建物の外壁はガルバリウム鋼板と杉板を使用します。

ガルバリウムの外壁と言えば、皆さまは、どんな形の外壁を想像しますか?

多くの方はこんな外壁を想像するのではないでしょうか?

多くの方が、上の写真のような外壁を想像されるのではないでしょうか?

これはKスパン(K型スパンドレルの略)と呼ばれるガルバリウムの外壁で、多くの物件で使用されています。しかし、中にはこの外壁を見ると「なんだか工場のような感じがする」と言われる方も多くいらっしゃいます。

では、なぜこのKスパンが多くの物件で使用されているのでしょうか?

それは、ズバリ言って、費用が安いから!これに尽きると思います。

ガルバリウム鋼板自体は非常に薄く(0.27~1.20mm程度)、平たい物をそのまま貼ると、表面が凸凹してしまいます。そうならない為に、下地として耐水ボードなどを貼って、その上にガルバリウムの外壁を貼るのですが、Kスパンの場合は、板を凹凸させる事により強度を出している為、下地に耐水ボード等を貼る必要がありません。その分、施工費を抑える事が出来るんですね。

という事でこのKスパンがよく使われるのですが、中にはガルバリウムの耐久性は捨てがたいけど、やはりデザインが・・・という方もいらっしゃると思います。

そのような方には、

季美の住まいの外壁。ガルバリウム 縦ハゼ

このような縦ハゼであったり

季美の住まいの外壁、ガルバリウム横葺き

横葺きであったり

季美の住まいの外壁、ガルバリウム製金属サイディング

鎧張りのような金属サイディングであったりと、様々な仕様のガルバリウム外壁

があります。

ガルバリウムの外壁でお悩みの方は、是非、お気軽にご相談下さい。

«

»


ページの先頭へ戻る