季美の住まい

N様邸 着工前会議

2020.03.19 (木)

kibi1177
N様邸 着工前会議

先日、N様邸の新築工事に伴い、着工前会議を行いました。

着工前会議とは、新築物件の工事着手に先立ち、工事に関係する各協力業者を集めて、施工物件に関する注意点などを事前に確認しておく会議です。

特に弊社の場合、ほとんどの建物を自由設計にて一から自社で設計しており、一軒一軒の形や特徴が異なる為、各建物で注意する所も異なり、着工前会議がより重要となってきます。企画型住宅の様に同じ建物や似通った建物を建て続けているののら、建築予定地の近隣への注意点程度で済むのでしょうが、なかなかそうもいきません。

また、建築業ほど分業化が進んでいる業種も少ないのではないでしょうか?一軒の住宅を建てるだけでも電気屋さん、設備屋さん、基礎屋さん、板金屋さんなど、多くの協力会社が必要になってきます。

このように多くの協力業者が一緒になって工事を進めていく為、当然現場での施工管理は重要になってきますし、着工前会議のような事前の打ち合わせが非常に重要になってきます。

よく『段取り八分』と言う言葉をつかいますが、工事をスムーズに進める為、良い建物を建てる為には、この様な事前の打ち合わせや段取りが非常に重要になってきます。

 

 

«

»


ページの先頭へ戻る