季美の住まい

換気システムとエアゾル感染

2020.02.20 (木)

kibi1177
換気システムとエアゾル感染

近年、住宅の高気密・高断熱化が進み、24時間換気システムについても熱交換器を有した第1種換気システムを使うか、それとも自然吸気の第3種換気にするか等色々な悩みが出てくるのですが、どちらも100%新鮮な空気を屋外から取り入れています。しかし今話題の大型客船では・・・場所によっては省エネ対策として新鮮空気を一部取り入れて還気させているんですね( ゚Д゚)

これって、新型コロナウイルスが本当にエアゾル感染するのなら、大変な事になると思うんですけど(*_*)

フローレンス・ナイチンゲールは今から100年も前に、

看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさを適切に保ち、食事を適切に選択し管理すること、 こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整える ことを意味すべきである。

と言っていたそうです。

しばらくの間、大型客船での船旅は、控えておいた方が良さそうですね。そもそも大型客船でゆっくりと船旅を楽しむ余裕が無いんですけど( ;∀;)

 

 

 

«

»


ページの先頭へ戻る