季美の住まい株式会社

保障について

保証について – 保証・助成制度 –

計画から完成まで家族で関わる家づくり等々は、愛着も湧き、対応年数も永くなり、さらには資産価値の高い住宅になります。当社で採用している保証や助成制度などを知り有効活用をしてください。

目次

1. イエンゴ保証機構
2. 県産木材助成制度 1
3. 県産木材助成制度 2

イエンゴ保証機構

イエンゴ完成保証

bana21NPO法人イエンゴ保証機構に加入する請負業者が倒産、破産、廃業などの理由で住宅の工事を継続できないと認定されたときに、請負者に代わる代替請負者を選び、契約どおりの住宅を完成し、引き渡すために必要な金銭的な保証をすることを基本としています。
この制度は、家づくり援護会と推奨施工業者との共同研究によりうまれた、請負者の連帯責任による完成保証の担保という画期的な思想のもと、「消費者保護」を第一目的としています。建築主の負担を軽くし、また、建築主にもこの制度の賛助会員として、一般消費者を守る家づくりの輪に参加していただく仕組みとなっています。

NPO法人家づくり援護会

logo-s1NPO法人家づくり援護会(通称:イエンゴ)とは、家づくりに伴う諸問題の解決のために設立された、住まいの専門家や施工業者会員からなる非営利組織です。イエンゴでは、悪徳業者や欠陥住宅による消費者への被害を防止するため、合わせて、地域社会における家づくり文化の振興を目的に「信頼される施工者ネットワーク」を形成することを目的として、施工業者審査・推奨事業を行っています。
当社も平成15年に三次にわたる審査を受け、推薦施工業者として、加盟しました。

「季美の住まい」の名付け親でもあるNPO法人家づくり援護会理事長からメッセージをいただきました。
koyama

県産木材助成制度 1

山口県の優良県産木材利用住宅への助成制度

山口県では私有林が多く、手入れの行き届いていない森林も多くあります。森林の土壌は水を多く吸収しやすいため、洪水や渇水から街を守ります。しかし、手入れの行き届いていない森林は土壌が悪く、災害の一因となることがあります。そこで、やまぐちの木を木材として利用することにより、山には新たな木が植えられ、その一本一本が成長していく過程で、山口県の森林や水源などの環境が徐々に整えられていきます。
また、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収することで、微力ながら地球環境の保全につながっています。
山口県では、県民の方に木材を利用してもらえるよう、県産の良質な杉やひのきを利用した新築住宅への助成制度を行っています。一定の条件を満たせば、一棟につき50万円の助成金を受けることができます。

事業概要

1. 優良な県産木材を使用した住宅建築に対する補助金制度

補助金額:新築住宅1戸当たり 50万円
対象戸数:50戸/年
補助対象要件:構造材における木材使用量のうち、優良県産木材として認証されたもの(※)
※新築の住宅に限ります。店舗との併用住宅や、増築は対象となりませんのでご注意ください。

2. 優良県産木材の認証制度

山口県内で生産・加工された木材について、強度・寸法精度等の基準を満たすものを、「優良県産木材」として認証することによって、県産木材の品質の向上と利用の促進を図ります。

当社の施工で検査した様子を下記に載せてあります。ご覧下さい。

県産木材助成制度 2

●優良県産木材の認証審査の様子
(当社で建てた住宅の検査時の写真です)

1. 木材の検査の様子
木材の検査の様子
2. 強度の測定
強度の測定
3. 寸法の測定
寸法の測定
4. 含水率の測定
含水率の測定
5. 比重による圧密度試験
比重による圧密度試験

●優良県産木材の現場審査の様子
(当社で建てた住宅の検査時の写真です)
上棟が終わってすぐに現場検査が入ります
上棟

検査の様子
検査1
検査の様子2
検査2