季美の住まい株式会社

スタッフブログ



四十路工務店営業マン(本厄)の自宅建築日記 その③ 『家づくりのプランとは?』

2017年 02月 18日 (土)

前回のブログで、プランを考えるにあたって、まずは『どんな家が建てたいか?』ではなく、『今から建てる家で、どんな生活がしたいか?』を考えてみて頂ければと言う話を書いたとおもいます。今回は実際に私がプランを作るにあたって、どんな事を考えたか?を書いてみたいと思います。

 

まず、一番初めに考えたのは、家族が集まれる場所が欲しいと言うことでした。イメージしたのは、平日はなかなか時間が取れない事も多いので、休日や休日前の夕食後など、比較的ゆっくり時間が取れる時に、家族が集まってお茶を飲みながら話しをしたり、のんびりとテレビや映画を見る。そんな生活がしたいという事が、今回私が一番初めに考えた事であり、最後まで絶対に譲れない大切な思いでした。

そしてもう一つ、これは私が怠惰な人間だからかもしれないのですが、ゴロゴロしたいんですよねぇ~。例えば、夕食の後の時間など、ちょっと横になりたい、もしくはダラ~っと座りたい。その為には、フローリングにソファーを置いてリラックスと言うよりも、畳の上でゴロ~っと横になる。だから、たまに旅行なんか行って泊まったホテルが完全な洋室で、ベットとソファーだけが置いてある所なんかだと、なかなか落ち着かないんですよね。まあ、これは人それぞれ、生まれ育った環境も違いますし、生活スタイルも違いますので、他と比べる必要なんてまったく無いと思いますし、自分たちの好みと希望するスタイルに合わせていけばよい事だと思います。

そして今回プランを作るにあたって、ラッキーだったのは、上の二つの考えについては、概ね、嫁と意見が一致していた事でしょうか。

その為、上の二つの考えを主軸に置いて、あとは、例えば、自分の趣味に使える倉庫兼ガレージみたいなものがあればいいな~とか、子供部屋はこれくらいの広さが欲しいな~とか色々と肉付けしていき、それでも予算は限られていますので、出来る限り不要なものは省いてミニマムな作りに出来ればと考えて、プランを作成していきました。

この様に書くと、結構順調に進んだように思われるかもしれませんが、実際にはそうでもないんですけどね。なぜなら、嫁は結構シンプルなスタイルが好きで変わった物は使いたがらない、逆に私はどちらかと言うと普通の物よりも、ちょっと変わった物の方が好きなので、なかなか合わない所も多かったので。

それでも、上の二つの考えからブレる事無く、プランを書き直していくうちに、満足のいくプランが出来上がりました。もちろんこのプランは私たちにとって満足のいくプランであり、他の人が見れば違ってくると思います。でもそれは当然の事ですよね、例えば和室ひとつとっても、『和室なんていらない』って言う人もいれば、『和室はもっと広くないといけない』って言う人もいるでしょうから。決して他と比べるわけでもなく、他をまねるわけでもなく、その人にとって最適なプランを作る事が出来る、これこそが注文住宅の本質であり、最大のメリットだと思いますから。そして、その出来上がった建物が、スタイリッシュで美しく、自分たちの愛着が持てる建物だったら、本当に最高じゃないかと思います。

ちなみにこれはよくある事なのですが、一番初めにプランを作ったとき、自分たちの考えていた予算をオーバーしてしまうという事が結構あります。それは当然ですよね、一番最初に作ったプランには、自分たちの希望が全部詰まったものですから。当然、狭いより広い方を希望しますし、安いものより、高くて高級な物を使いたくなりますしね。そんな時、自分たちの希望に沿いながら、効率よくコストダウンしていく方法。こんな方法も『家づくり塾』ではご紹介しておりますので、ご興味のある方は、お気軽にご参加下さい。

また、例えば建築会社にプランを書いてもらったけど、なかなかイメージしにくいとか、それが自分たちに合っているかどうか分からないという方もいらっしゃいます。たしかに今は3DのCG画像を作れたり、色々なプレゼンソフトもありますので、作られたプランがイメージしやすくなっているとは思います。しかし、やっぱり現実とは違いますし、なかなか図面を見ても難しいですよね。そんな時のアドバイスとして、一度、頭の中でそのプランの建物の中で、一日、生活する場面をイメージしてみたらいかがでしょうか?よくスポーツ選手が行っているイメージトレーニングの要領ですかね。特に、時間的な余裕が無い、平日をイメージしてみたらいかがでしょう。例えば、作られたプランの寝室で朝目が覚める。その後、すぐに何をしますか?すぐに着替えますか?歯磨きに行きますか?それともすぐに部屋を出て朝食に行きますか?朝食の後は?トイレ?着替え?そして準備が終わって会社に行く。そして帰って来てからはどうしますか?荷物はすぐに寝室まで運びますか?着替えは?食事は?食後はすぐにお風呂?お風呂の後は?寝る時間は?また家でも仕事をするのか?など、一日の流れをイメージしてみて下さい。もちろん、奥様も同じように、朝生起きてすぐに着替え?朝食の準備?子供は?など1日をイメージしてみて下さい。そうする事によって、自分の生活スタイルとプランがあっているのか、望んでいる形になっているのか、少しでも理解が深まると思います。

なんだか、長くなってしまいましたが、一番言いたいことはやはり、まずは『どんな家が欲しいか?』ではなく、『どんな生活がしたいか?』をしっかり考える事によって、色々な間取り、工法、材料などから、自分たちの生活スタイルに、最適な物を選んでいけるのではないかと思います。よろしければ参考にしていただければと思います。

(ようやく出来上がった図面)